IF方式レンズの実効焦点距離

インナーフォーカス方式(IF)は、近距離撮影では焦点距離が短くなる。高倍率ズームになる程その傾向が大きくなります。
その簡易テストはいずれするかもしれません。

今回は、おなじ焦点距離で撮影した場合、近距離ではレンズによって画角が異なるのか(撮れる大きさが異なるのか)というネタです。

私の復習ですから適当に流してください。
レンズの焦点距離は、無限遠(距離目盛の ∞ マーク)で撮影したときのものですから、近接撮影では、焦点距離に対して画角が広くなってしまいます。→ 近距離になるほど実効焦点距離が短くなる。

レンズの距離目盛は ∞ より行き過ぎるようになっています(遊びがあります)から、きちんと∞ に合わせたところが無限遠です。
焦点距離の数千倍が実用上無限遠ということになっているそうで、メーカーによって無限遠の撮影距離は異なるようです。
無限遠の話しはこのくらいで。


レンズによって画角が異なるのか、簡易テストをしてみました。

【レンズ】
(1) AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
(2) AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
(3) AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

【カメラ】 D300

【撮影条件】
・撮影距離:約1.4m  レンズ (2) の概ね最短撮影距離
・焦点距離:105mm  レンズ (3) の焦点距離(ズームレンズは撮影情報で確認)
・絞り値:f/5.6
・三脚使用でカメラ位置を固定、レンズ三脚座は不使用。

(1) VR 24-120mm f/4G
b0190445_1628538.jpg

(2) VR 70-200mm f/2.8G
b0190445_1628401.jpg

(3) VR 105mm f/2.8G
b0190445_1629699.jpg

【結果】
・予想通り、単焦点の (3) が一番大きく写りました。
・ボケ味も違いますね。
・意外だったのは、(1) より (2) が大きく写ったことです。撮影距離や焦点距離が変わるとどうなんでしょう? ズーム倍率の違いも関係するのでしょうか? 分かりません。
[PR]
by kaz-bbphoto | 2012-05-26 20:00 | 撮影機材 | Comments(0)