コゲラ

ひと口にコゲラといっても地域によって色彩や模様、各部位のサイズなどが異なる種(亜種)がある、と説明されています。
伊豆諸島の三宅島にはミヤケコゲラ、北海道のエゾコゲラ、四国のシコクコゲラ、九州のキュウシュウコゲラなどと何処がどのくらい違うのか調べてみました。
”さっぱり判りません。”
見比べるのが面倒になり、すぐに止めました。

九州福岡で撮影したので、「キュウシュウコゲラ」なのでしょうネ。

瞼を閉じているのが撮れていました。
b0190445_1939289.jpg

この木の名前は何でしょう?
この木の傍で待っていると、数種類の鳥たちがやってきました。
b0190445_19391393.jpg

b0190445_19392995.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2013-02-06 20:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by yliang2 at 2013-02-06 20:16
こんばんは
先日、聞いたのですがハゼの実とか?
これを食べて体を温めるといわれていました。
Commented by kaz-bbphoto at 2013-02-06 22:29
> yliang2さん こんばんは。
ありがとうございます。
お陰様でスッキリしました。
Commented by saifu at 2013-02-09 21:13 x
今晩は。
キュウシュウコゲラ、、、ですか。
勉強に成りました。普段、コゲラと呼んでいる固体ですね!
ギーぎーと鳴くので、すぐ判りますよね!
Commented by kaz-bbphoto at 2013-02-09 22:58
> saifuさん
本州に生息するのを単にコゲラというようですし、生息地が南下するほど
色が濃くなるというのも書いてありました。
でも、違いは私には解りません。
コゲラってことでいいんじゃないですかね(笑)