キジのドラミング その1

キジや野鳥を撮りに車で目的地へ近づくと、道路わきにキジがいました。
そのキジのすぐ横をゆっくり通過して、車を止めて、早速キジがいた場所へ。
幸いにも他に撮影者はいませんでしたから、今回も近くから撮ることができました。

「ケーン」(=鳴き声を文字にするとこうなるのですが、実際には表現が難しいです。)と
甲高い声で鳴きました。
鳴くと同時に「ドドドドドッ」と翼で胸を叩く母衣打ち(ほろうち=ドラミングとも言う)をしました。

b0190445_23563351.jpg

初めて見たドラミング  1/2000秒で
b0190445_23565999.jpg

うまい具合にフレームに収まりました。
b0190445_2357279.jpg

b0190445_23574330.jpg


キジを取り囲むようにウマノアシガタの黄色がのどかな雰囲気にしてくれました。
b0190445_23581128.jpg

1/2500秒で
b0190445_23583365.jpg

b0190445_23585424.jpg

b0190445_2359796.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2013-03-31 00:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by むら智 at 2013-03-31 12:16 x
わお!またキジと遭遇したのですね~。
それにしても写真がすごくきれいですね。
黄色の花の背景がすばらしいです。
もちろん、キジも綺麗で、かなり目立ちそうですよね!

野鳥を撮る時はSモードで撮られるのですかね?
私はイマイチSモードがよくわからなくて
AEモードのままで撮ってしまって、シャッタースピードは
カメラまかせです(^-^;
Commented by kaz-bbphoto at 2013-03-31 22:31
> むら智さん
黄色い花がかなりの効果を上げた写真になりました。
偶然撮れたものですから嬉しいです。

撮りたいものによって、おおよそのシャッター速度の上限下限を決めて
いて、ファインダー内でSSを確認して、絞りやISOを変えています。
鳥撮りは速いSSで撮りますから、絞り解放。
なので、鳥撮りも基本「A」です
「S」優先にしてISOを上げ過ぎると、トリミングした時にノイズが目立つ
のもいやなので。

夜間の流し撮りで「A」にすると、ネオンや照明に影響されてることがある
ので「S」で撮ることはあります。
”水滴を止める”や”背景を流す”などを「S」で試行錯誤しています。
Commented by むら智 at 2013-04-01 15:01 x
色々と教えて頂いてありがとうございました。
やっぱり「A」でいいのですね!
私も滝を撮るときくらいしか「S」にしないです。
鳥の写真、楽しみに拝見しています。
Commented by kaz-bbphoto at 2013-04-01 21:37
> むら智さん
私の回答が正解なのかわかりませんが、
取り敢えず、スッキリされたようですね。