初見初撮り トラツグミ

シベリア東南部から中国東北部、朝鮮半島などで繁殖し、冬季はインド東部からインドシナ半島、フィリピンなどに渡りをおこない越冬する。オーストラリア、ニュージーランドにも分布している。
日本では留鳥または漂鳥として周年生息し、本州、四国、九州の低山から亜高山帯で繁殖する。北海道には、夏鳥として渡来する。
スズメ目ツグミ科、体長は30cmほどでヒヨドリ並みの大きさ、雌雄同色
     --ウィキペディアより引用--


茂みからカサカサと音がしていました。一瞬見えた大きさで、シロハラかなと思ったのですが、現れたのはトラツグミでした。(シロハラより大きいです。)

警戒心があまりないようで、こちらがじっとしている限りは、慌てて逃げてしまうことはありません。逆に近寄ってくることもあります。
こんなに警戒心がないと、カラスに襲われはしないかと心配します。
歩き回って餌をあさっているのですが、時々ピタッと動きを止めますから、とても撮りやすい優秀なモデルです。


焦点距離:35mm判換算約300mm、ノートリミング
b0190445_1835813.jpg

b0190445_184127.jpg

b0190445_1843167.jpg

b0190445_184446.jpg

b0190445_1845869.jpg

b0190445_1851491.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2014-03-13 20:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by saifu-fukuoka at 2014-03-14 12:23 x
こんにちは。
ご無沙汰しております。 トラツグミ、綺麗に撮れていますね。。
私は春日公園で、撮りました。
結構のんびりした鳥ですよね!
ps: 4月11日ですが、福岡を引き払いまして、実家の
   八幡東区に、帰ります。。。
   色々お世話に成り、有難うございました。
   また、ブログでお会いしましょう。。。 
Commented by kaz-bbphoto at 2014-03-17 21:25
> saifuさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
ここにいるトラツグミは大分人馴れしてきたそうで、こんなにフレンドリーな鳥は
初めてです。
見ているだけでも楽しませてくれました。

近々お引越しされるのですね。
いつもお会いしているわけではありませんが、折角お知り合いになった方が
遠くへ行かれると聞くと、寂しくなりますね。
近いうちにsaifuさんのブログへ訪問させていただきます。