カテゴリ:福岡モーターショー2012( 4 )

美人のコンパニオンや受付嬢がモーターショーに花を添えていました。

ベンツ展示コーナー
ガルウイングドアの SLS AMG ”を撮ろうとしたのですが・・・
b0190445_8582858.jpg

コンパニオンがポーズをしてくれたので、車よりこちらがメインになりました。
(人が多くて車は撮れませんでした。?)
b0190445_8583664.jpg

b0190445_8593954.jpg

アウディ展示コーナー
b0190445_8595114.jpg

日産展示コーナー
b0190445_90118.jpg

モーターショーの写真はこれでおしまいです。
[PR]
もう二十年以上も前のこと、ツーリングの途中、休憩しているときや信号待ちなどで、見ず知らずの人から「どこまで行くの?」とよく声をかけられました。
老若男女区別なく、バイクを通じて会話が始まります。
バイクは自動車(四輪車)と違い、遮るものがないので、コミュニケーションがとりやすいんですよね。


Honda CB1100
1,140cc 空冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒、最高出力88馬力
b0190445_4212086.jpg

Kawasaki ZRX1200 DAEG(ダエグ) ※日本専用仕様
1,164cc 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒、最高出力110馬力
b0190445_42257.jpg

Kawasaki Ninja ZX-14R ※海外向けモデル
1,441cc 水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒、最高出力200馬力
b0190445_11191995.jpg

BMW(Germany) S1000RR
999cc 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒、最高出力156馬力
b0190445_20115158.jpg

DUCATI(Italy) DIAVEL
1,198cc 水冷デスモドロミック4バルブL型2気筒、最高出力112馬力
b0190445_20121472.jpg



上の写真は修正画像です。
オリジナルです。↓

たくさんの人がいて、ヨコ位置撮影で車体全体を入れるには無理でしたから、エンブレムの「Ninja」を中心にカウリング部分をタテ位置で撮影しました。
作品にするため、必要なところを切り抜きし、無駄な背景を消し(塗りつぶし)ました。
b0190445_20131123.jpg

記録写真として撮影しましたが、作品にするためにはフロントタイヤのスタンドが邪魔ですから、車体前後のバランスを考えて切り抜きしました。
修正後は、2台が競っているように見えませんか?
(問題 1 )不要な部分を消しましたが、分かりますか?
b0190445_20132865.jpg

(問題 2 )修正後の違いは分かりますよね。
b0190445_20134342.jpg

まだ続く・・・
[PR]
私には無縁の高級(高額)市販車です。


Audi(Germany) R8 Spyder(スパイダー)
5.2リッターV10、525馬力のミッドシップ4WDオープンスポーツ。
b0190445_1161090.jpg

Audi(Germany) A1 SAMURAI BLUE(サムライブルー)
サッカー好きなアウディ(日本代表をサポート)が生んだスペシャルモデル で、世界に1台限りの「限定車」。
b0190445_12121493.jpg

内装にもサムライブルーと白、赤のトリコロールがあしらわれている。
b0190445_12123086.jpg

BMW(Germany) ActivHybrid 7(アクティブハイブリッド 7)
世界最速ハイブリッド。「BMW7シリーズ」のハイブリッドモデル。
4.4リッターツインターボのV8エンジンとモーターを併せ持つ大型セダンで最高出力は449馬力。
b0190445_12125293.jpg

Volkswagen(Germany) Golf Cabriolet(ゴルフ カブリオレ)
2002年に販売終了した先代モデルから、9年振りに復活した4代目「ゴルフ カブリオレ」
b0190445_12132025.jpg

Ferrari(Italy) 458 SPIDER(スパイダー)
史上最速のオープン・フェラーリ。
オープントップ時で200km/hを超える速度域でも通常の会話ができるという。
直噴4.5リッターV8、最高出力570馬力、最高速320km/h、0-100km/h加速3.4秒。
b0190445_12133984.jpg

Maserati(Italy) GranTurismo MC Stradale(グラントゥーリズモ MC ストラダーレ)
4人乗りの内装を2シーターにしている。リアシートのスペースは布張りで荷物用として利用。
4.7リッターV8、最高出力450馬力、最高速300km/hオーバー
b0190445_1214424.jpg

JAGUAR(UK) XKR-S
ジャガー史上最強の量産型GTモデル。
美しい XKR-Sの専用色「フレンチレーシングブルー」
スーパーチャージャー付き5リッターV8、最高出力550馬力。
b0190445_12142714.jpg

Lotus(UK) Evora S IPS(エヴォーラ)
2ドアのミッドシップ・スポーツカーで、ロータス エスプリの後継車。
エスプリといえば映画007シリーズのボンドカーとして活躍しました。
スーパーチャージャー付き3.5リッターV6、最高出力350馬力。
b0190445_12145433.jpg

RENAULT(France) Wind Gordini(ウインド ゴルディーニ)
フレンチブルーに2本の白ラインという“ゴルディーニデザイン”に仕上げられている。
b0190445_12151564.jpg

内装にもブルーをあしらっている。
b0190445_1216112.jpg

Mercedes-Benz(Germany) smart(スマート)fortwo electric drive
8時間の充電(200V)で、140km以上の航続距離(ヨーロッパ測定値)が可能。
b0190445_12162122.jpg

続く・・・
[PR]
福岡自動車博覧会「福岡モーターショー2012」が、2012年1月27日(金)〜30日(月)までの4日間、福岡市博多区のマリンメッセ福岡など3会場で開催されました。
2年ごとの開催で今回が3回目です。
200台以上の最先端の自動車や二輪車が展示されていましたが、その中から一部を紹介します。
見どころは、やはり環境性能をアピールする電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)でしょうね。スポーツタイプのEVやHVも数多く展示されていました。
EVではありませんが、話題の「86」も見てきました。


TOYOTA 86(ハチロク)
トヨタ自動車とスバルが共同開発した水平対向4気筒直噴2リッターエンジンの小型FRスポーツカー。
スバル「BRZ(ビー・アール・ゼット)」と兄弟車。
b0190445_171125.jpg

TOYOTA FT-EVIII
コンパクトなボディ(4名乗車)の電気自動車。1回の充電で105kmの走行を想定している。
b0190445_1711311.jpg

NISSAN ESFLOW(エスフロー)
ツインモーター後輪駆動。0-100km/hはわずか5秒以内のツーシーターEV。
b0190445_17115883.jpg

NISSAN PIVO3(ピボ3)
ドライバーが降車すると自動的に駐車場まで走行し充電を行ったり、スマートフォンでドライバーの元へ迎えに来る機能(AVP=オートメーテッド・バレー・パーキング)を持つ、近未来の都会派スマートEV。
b0190445_17122723.jpg

Honda EV-STER
後輪駆動の電動2シーター・スモールオープンスポーツEV。
0-60km/hは5秒、最高速160km/h。
b0190445_17125432.jpg

Honda MICRO COMMUTER
フロント1名リア2名の3名乗車。最大航続距離は約60kmで最高速は60km/h以上。
フロントシートの横にMOTOR COMPO(小型EVバイク)を搭載することもできる。
スマートフォンが車両のキーにもなる。
b0190445_17132853.jpg

SUZUKI Q-Concept(キュー・コンセプト)
前後に1名ずつの2人乗車で、コンパクトで小回りが利く。
1度のドア操作でフロントドアとリアドアが開き、フロントシートが回転しスムーズな乗降ができる。
b0190445_17135648.jpg

続く・・・
[PR]