カテゴリ:B級グルメ佐賀( 8 )

椿山森林公園(浜玉町鳥巣)から、目的地近くの うどん・そば屋の「狐狸庵」にカーナビ設定。
ナビに従い、車一台がやっと通れる山道を延々と進みます。対向車が来ないようにと願いつつ。
途中、「カーナビ厳禁」と別方向を示す「狐狸庵」の案内板がありました。つまりカーナビがあてにならないのです。
ところどころに設置された「狐狸庵の案内板」を見ながら、「山瀬入口の看板」前に到着。
後は山瀬に向かって進むだけです。この先も狭い山道です。
目的地付近に来ると、ナビが示すところに「狐狸庵」はありました。

やっとの思いでここまで来たのですから、このお店で遅めの昼食をとりました。
現地へ引越して来られる前は、うどん屋さんだったそうです。うどんもいいけど蕎麦好きな私は、そばを注文。
「狐狸庵」が、かなり有名なお店だとは知りませんでした。

 ところ 佐賀県唐津市浜玉町山瀬1161-2
 電話 0955-56-7089
 営業時間 11時~17時?  定休 月、火曜 ※電話で事前に確認されるのがいいでしょう。


注文を受けてからこだわり抜いた蕎麦粉を打ち、味を守るため一人前の蕎麦をわざわざ二回に分けて出されてきます。
写真は二皿目、一皿目と違うデザインのお皿に盛られてきました。衛生面の配慮からざるではなくお皿です。
いなりずしの油揚げにもこだわりがあります。
b0190445_182730100.jpg

b0190445_18275952.jpg

b0190445_1828621.jpg

b0190445_18281648.jpg

[PR]
佐賀県のB級ご当地グルメで有名なのが「シシリアンライス」(佐賀市を中心に展開)。
そして、今年8月2日に有田町の新ご当地グルメとして誕生したのが「有田焼五膳」です。
「有田焼五膳」が食べられるお店は、5店舗。
それぞれにお店の特徴があるので、どのお店に行こうか迷ってしまいます。
そこで~。思案の末(というほど悩んでないが)
有田焼ご当地グルメ推進協議会会長のお店「すし料理専門店 亀井鮨」さんに行くことにしました。

 詳しくは、こちら「有田焼五膳」のサイト をご覧ください。


★はじめに 美しい絵柄の丼鉢、ごどうふ、吸い物、漬物、デザートがのったお盆が運ばれてきました。
b0190445_19141723.jpg

★丼の中身は、お寿司屋さんらしく「ちらし鮨」です。
b0190445_19144232.jpg


★そして次に運ばれてきたのが、
蓋付の献上紐で結ばれた有田焼の陶箱(玉手箱や宝箱をイメージしたもの)です。
(私には、幸せの黄色い有田焼が)
b0190445_1915966.jpg

実は結ばれている蝶は、箸でス~ッと上に上げるだけで解けるようになっています。

★蓋を開けると、中は五つの器で構成されていて、
鶏肉を使った焼き物、酢の物、煮物、蒸し物、揚げ物の五膳です。
b0190445_19153097.jpg

有田焼の器と盛り付けを楽しみながら、美味しくいただきました。
そして、なんだか幸せになった気分も味わいました。
[PR]
木漏れ陽(こもれび)は、そば農家の”友田農園さん”が営むそば屋さんで、「そばの芽」を使ったオリジナル料理が味わえます。

友田農園産そば(北山ソバ)の特徴は、
地種(じだね)栽培(品種改良していない原種での栽培)しており、一般的には原種の方がそば本来の風味が多い。

ところ 佐賀県佐賀市富士町上合瀬453-1(Tel:0952-57-2873)
 (お店の入口手前500mに案内看板がありますが、小さいので見落とすかもしれません。
  通り過ぎて200m進んだ先にも案内看板があります。)
営業時間 11:00~17:00  定休日 毎週水曜日(祝祭日は営業)
価格/ 盛りそば 700円、木漏れ陽コース 1000円~2300円、そばの芽ジュース 300円、ガレット(そばクレープ) 600円~、その他単品メニューあり。

ANAの機内誌「翼の王国」でも紹介されていました。(※ 一部価格は変わっています。)


席に着くと「そば茶」と「そばかりんとう」が出されます。
b0190445_18594581.jpg


木漏れ陽コース ~若葉~ (盛りそば、そばの芽サラダ、そばの芽ジュース)を注文しました。
そばを注文すると、北海道産か地元産(北山ソバ)から選べるという。ここではやっぱり地元産でしょ。

★そばの芽ジュース
そばの芽、豆乳、りんご、ハチミツ入りで甘みがあります。ほのかにそばの香りがします。口当たりは(うまく表現できませんが)バナナジュースのようです。
b0190445_191191.jpg

★そばの芽サラダ(ごまドレッシング)
ルチンを豊富に含んだ「そばの芽」。ルチンには毛細血管の強化、血圧降下作用、膵臓機能を高める働きがあるとのこと。
そばの芽は、見た目が”かいわれ”に似ていますが、ピリッとした辛さはなく、やや酸味を帯びています。そばといってもそばの風味はありません。

★盛りそば
時間がたっても味落ちしにくい”青刈りそば”。これは未熟の実が残っているうちに収穫し、さらに完全天日干しをすることでソバ本来の風味を逃さないという。

そばの味わい方を教えてくれます。
・まずは、つゆや薬味をつけずにひと口
  強めのしっかりとしたコシ、のど越しが驚くほどなめらかです。
・次に塩を少しつけて味わう。
  塩だけでもいけそうです。(完食できるかは分かりませんが)
・好みの薬味をつけて味わう。
・それから、つゆに薬味を加え、つゆを少しつけながら味わう。
  正直なところ、いかにもソバといった味は薄いのですが、食感が心地いいです。
b0190445_194247.jpg

すべて食べ終えると、そこそこお腹が膨れました。
もっとボリュームが欲しいとか、色々食べたいという方には、「そば豆腐」「そばの芽の和え物」「そば雑炊または混ぜごはん」「そばの芽のゼリー」「ガレット(そばクレープ)」が組み合わされた”木漏れ陽コース”をどうぞ。

食後の「そばつゆ」と注ぎ足しのつゆ
b0190445_1943722.jpg


木のテーブルの真ん中には「そばの芽」が栽培されています。自由に摘んで味見できます。
b0190445_198472.jpg


お店の前にあじさいが咲いていました。
b0190445_1983749.jpg

b0190445_1985153.jpg


お店の外観です。
b0190445_1991992.jpg

b0190445_1993459.jpg

[PR]
今回は、「食べる」のも目的でしたから、それはそれで満喫できました。

行かれる方のために
お店情報サイトに掲載されている住所(=佐賀県武雄市北方町大字大崎5176-5)ではありません。
営業日も変更になっています。営業時間も変更になっているかもしれませんので、
※行かれる時は、電話で確認されたほうがいいでしょう。

電話 0954-36-2662
ところ(目標地) 介護老人保健施設”たんぽぽ”(佐賀県武雄市朝日町大字中野11296-1)付近です。
営業時間 11:00〜19:00(営業日:木・金・土・日  定休日は毎週月~水曜日です。
     営業日は2012年12月現在です。


座敷きの一室にある囲炉裏の部屋でいただくことにしました。
b0190445_014982.jpg

「日替わり定食」自然食です。
ごはんは”麦”or”雑穀米”、麺は”うどん”or”そば”、”デザート”or”サラダ”を選びます。(季節により変わります)
写真:雑穀米のごはん、うどん、有田鶏の唐揚げ・ゴマ和え・ドレッシングのサラダです。
焼きたてのだし巻き玉子は、主膳とは別に遅れて出されます。
b0190445_014342.jpg

日替わり定食はコーヒー付です。
b0190445_0145856.jpg

「ごぼう天そば」こちらも自然食です。
控えめの食事をされるなら、こちらはいかがでしょうか。
b0190445_0152412.jpg

箸入れにも布切れが貼ってあり、オーナーの優しさが伝わってきます。
b0190445_0164438.jpg

[PR]
嬉野温泉湯どうふは、”美味しんぼ”の第39巻 第5話のなかでも紹介されています。
主人公の山岡士郎らが温泉湯どうふを求めて出かけたところが、ここ嬉野温泉温泉湯どうふ発祥の店「宗庵よこ長」さんです。

 ところ 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2190(TEL:0954-42-0563)
 営業時間 10:00~21:00(オーダーストップ21:00)
 定休日 毎週水曜日(祝日の場合その前日もしくは、後日)
b0190445_1526521.jpg


特選湯どうふ定食 990円
湯どうふ定食(寄せ湯どうふにたれ、薬味、小鉢2品、ご飯、香の物で790円)をちょっと豪華にした魚ちり湯どうふにサラダが追加されたおすすめメニューです。リーズナブルな価格で美味しいです。
b0190445_15271825.jpg

土鍋の蓋を取るとふわ~っと湯気がたち、大豆の香りがほのかに漂います。
豆腐の表面や角が煮崩れてスープが白濁しています。嬉野温泉の泉質は弱アルカリ泉で、アルカリ性だと固まりづらいという豆腐の性質から豆腐が溶けたためです。
b0190445_15274228.jpg

まずは、薬味を入れて・・・
角がなくふっくらと柔かみのある豆腐は、湯汁に味がついているのでそのまま食べます。
熱々の豆腐が食道の中でいつまでもアツいです。(注意して食べましょう)
海老や野菜はたれにつけて食べます。
b0190445_152888.jpg


b0190445_15283123.jpg

こんな風に感動するかも・・・
[PR]
落ち着いた店内、カリーコースを楽しめる。ゆっくりと有田焼の器でコーヒーを飲み、ガトーショコラをいただく。
まろやかでとろけるような食感・・・口に含むと”幸せ~”を感じる”幸せのチーズケーキ”
自家製パン(プレーン・レーズン・クルミの3種類)は夕方には売り切れてしまう人気。
佐賀県内在住の作家の素晴らしい作品を鑑賞できるギャラリー。
ギャル曽根のテレビで紹介された”有田焼カレー”で有名になった店。

 ところ 佐賀県西松浦郡有田町南原甲444(Tel:0955-42-4275)
     (伊万里警察署 有田幹部派出所(旧有田警察署)のすぐ近くです。)
 営業時間 11:00~18:00  店休日 月曜(祝日の場合は営業)
 URLは こちら

b0190445_23533250.jpg

エントランス
b0190445_23535653.jpg

カフェコーナー
b0190445_23542311.jpg

奥にギャラリーがあり、洒落た器や可愛い作品が展示、販売されています。
b0190445_23544693.jpg

ギャラリー
b0190445_2355872.jpg

”幸せのチーズケーキ”と”有田焼カレー”
それぞれ有田焼の器が付いています。カレー皿というより、煮物などの盛り皿によさそうですね。
b0190445_23554111.jpg

”有田焼カレー”や”幸せのチーズケーキ”の写真・コメントはありません。
興味がある方は、ドライブがてら訪ねられてみてはいかが。
[PR]
立秋は過ぎたというのにまだまだ暑い日が続いています。

さがレトロ館の古代米の黒米と赤米を使った”そふとクリーム”(この日は赤米のそふと)
b0190445_23161863.jpg

b0190445_23323831.jpg

[PR]
暑い、厚い、と言っても涼しくなるわけではありませんが、つい、言葉に出てしまいます。
こんなに暑いときは、冷たいものが食べたくなります。
行ったお店は、三瀬トンネル近く(佐賀県側)の「ひの木屋うどん」。
注文したのは、「冷やしうどんセット」。
冷やしといっても、ざるうどんではありません。
大きなどんぶりに大きな氷がド~ンと浮かんでいて、パスタくらいの細麺のうどんがたっぷり入っています。
セット注文なので、エビ・インゲン・オクラ・カボチャ・ニンジン・ゴボウ・大葉などの”天ぷら”(この天ぷらだけでも腹いっぱい?)、減農薬米のごはんを使った”こんにゃく寿司”、”冷奴”、”小鉢”が付いています。
正直、思ったよりもボリュームがあり、満腹になります。
セットは食べきれないという方は、単品のご注文をどうぞ。
 ところ 佐賀県佐賀市三瀬村三瀬1701(Tel 0952-56-2234)
 営業 11時~19時

写真で見るよりボリュームありますよ!
b0190445_21513311.jpg

[PR]