カテゴリ:スポット大分( 21 )

b0190445_22485751.jpg

b0190445_22492024.jpg

b0190445_22493878.jpg

b0190445_2250345.jpg

b0190445_2250292.jpg

b0190445_22505454.jpg

[PR]
九州で唯一現存するSLを点検、格納する機関庫です。
1934年(昭和9)年に旧国鉄久大線の全線開通に伴い落成、1970年(昭和45)に同線にディーゼル車が導入され、役目を終えました。
2001年に地元商店街の店主などが中心となり「豊後森機関庫保存委員会」を結成。
2006年に玖珠町が、機関庫と周辺の遊休地約1.2ヘクタールを JR 九州から買い取りました。
2009年2月に機関庫と転車台が経済産業省の近代化産業遺産に認定されました。
2011年度は、機関庫の屋上コンクリートや樋(とい)の防水工事が行われます。
現在、鉄道記念公園の整備計画中。

 ところ JR九州久大本線 豊後森駅(ぶんごもりえき)すぐ近く
     大分県玖珠郡玖珠町大字帆足245-5 付近


鉄道マニアか廃墟マニア以外はほとんど訪れることはないでしょうね。
今も当時の面影を残す機関庫は、忘れ去られたように佇んでいました。
b0190445_19161270.jpg

建物は75年以上経過して傷みは激しく、施設閉鎖後45年経った姿は痛ましかった。
b0190445_19171725.jpg

b0190445_1917311.jpg

操作台に人が乗って回転台を操作して各格納庫のレール載せて SL を格納していました。
b0190445_19181358.jpg

12組のレールが放射線状に機関庫まで延びていました。
b0190445_19185391.jpg

保線材料線の車両止め。
JR豊後森駅には使われなくなった数本の線路が残されていました。
b0190445_19194596.jpg

[PR]
暖かい日が続き近所の桜が大分咲きました。
桜には癒されます。
福岡の桜の名所といえば、福岡市の西公園・舞鶴公園・油山市民の森など、八女・朝倉だと日向神ダム・秋月・甘木公園などがありますが・・・(北九州方面はあまり詳しくありません。)
福岡市内は近場でも車の混雑や人手が多いので、正直敬遠しています。
ゆっくり散策しながら撮影をしたいので、今回は日田へ行きました。。

行ったところ(大原八幡宮 → 慈眼山公園 → いいちこ日田蒸留所 → 月隈公園)は距離が離れていないので、車移動で2時間半~3時間で回ることができます。


『大原大しだれ桜』
大原八幡宮近くにある「しだれ桜」です。幾百もの垂れた細い枝に咲く桜がとても美しいです。
樹齢200年、幹周り2.2m、樹高12mの大きな桜です。
2011年4月1日(金)~4月10日(日)18:30~21:00 にはライトアップされます。
幻想的で綺麗でしょうね。
[開花状況]
7部~8部咲きといった感じですが、暖かい日が続いていますので一気に開花が進むでしょう。もう見ごろです。

 ところ 大分県日田市田島2丁目(大原八幡宮を目安に)
     大原八幡宮前に臨時駐車場があります。
b0190445_2212099.jpg

b0190445_2214391.jpg

「大原大しだれ桜」の隣にある桜並木です。こちらも見ごろです。
b0190445_2221493.jpg

b0190445_2223276.jpg


『慈眼山公園』(ジゲンザンコウエン)
花月川のほとりの丘陵にある公園で、日田の街並みが眼下に広がります。

 ところ 大分県日田市城町2丁目(慈眼山栄興寺 城町2-5-3を目安に)
     近くの(花月川)河川敷公園に駐車場があります。
b0190445_225116.jpg

b0190445_2252445.jpg

b0190445_225405.jpg


『いいちこ日田蒸留所』
散策路は約150本の桜(ソメイヨシノ)のトンネルが美しく包んでくれます。
敷地内には、「紅しだれ桜」の樹が2本あります。一つは池の近く、もう一つは試飲コーナー(売店)のそばです。紅しだれ桜の開花はソメイヨシノが散り始めるころになりますから、見ごろは早くても1週間先でしょう。

 ところ 大分県日田市西有田810-1(Tel:0973-25-5600)
     駐車場あり
 開場時間 10:00~16:00  休業日 毎週火曜日(祝祭日の場合は営業)
b0190445_2261934.jpg

b0190445_2265417.jpg

「紅しだれ桜」の見ごろは未だ先です。
b0190445_2275636.jpg


『月隈公園』(つきくまこうえん)
永山城跡の石垣と堀の一部が残るだけになっていますが、石垣、白壁、堀と桜の調和が美しい公園です。
現在3~4部といったところでしょうか、見ごろは未だです。

 ところ 大分県日田市丸山2-2-1
     市営駐車場(無料)があります。
b0190445_229363.jpg

b0190445_2292176.jpg

[PR]
秋から冬へと変わりゆく今日この頃、
晩秋の日差しを浴びて燃えるように輝く木々が眩しいです。
b0190445_18582557.jpg

b0190445_18584676.jpg

b0190445_1859314.jpg

頭上の紅葉よりも目立つようになった足元の落ち葉
b0190445_18593555.jpg


  撮影地:いいちこ日田蒸留所(大分県日田市)
[PR]
また、いいちこ日田蒸留所に関する写真です。

いいちこサロンで
b0190445_2014132.jpg

第1貯蔵庫で
b0190445_20144467.jpg

池で
b0190445_2015991.jpg

第1製造場で ん?これは・・・「西の星」
b0190445_20163216.jpg

やわらかな香り、なめらかな味わいの「西の星」。オン・ザ・ロックがいい。
b0190445_20165693.jpg

「KAMI Glass」と名付けられたセンの木で作られたコップでオン・ザ・ロック。
b0190445_20171840.jpg

ビリーバンバンが唄う 「いいちこ」CM の DVD
b0190445_20175232.jpg

[PR]
ガラスに反射した光沢感が好きで、自然にカメラを向けてしまいます。

安心院葡萄酒工房のワインは、ホームページでどうぞ

b0190445_202126.jpg

b0190445_2021477.jpg

b0190445_2022751.jpg

自分へのみやげ
b0190445_2025178.jpg

[PR]
やさしい自然環境に包まれたワイン工房。普段目にしない施設を見てまわるのも新鮮で、テーマパークに来たようです。

b0190445_19415084.jpg

【ワイン貯蔵庫】
定温の地下貯蔵庫で静かに熟成の時を重ねます。
b0190445_19422325.jpg

ヨーロッパのアンティークなワイン醸造機具やパネル等も展示。
b0190445_19424877.jpg

【ワイン醸造場】
b0190445_19431713.jpg

【試飲ショップ】
b0190445_19434344.jpg

[PR]
”いいちこ”の三和酒類にはもう一つ醸造所があります。それがワイン工房です。
このワイン工房も綺麗に整備された園内で紅葉を楽しむことができます。

所在地 大分県宇佐市安心院町下毛798(家族旅行村内)(TEL:0978-34-2210)
営業時間 9:00~16:00(園内見学17時まで)
定休日 毎週火曜日(祝日の場合は営業)盆・年末年始
入園料 無料

b0190445_1830208.jpg

b0190445_18305063.jpg

b0190445_1831967.jpg

園内の展望台からは由布岳や鶴見岳などが見えます。
b0190445_18313363.jpg

[PR]
いいちこ日田蒸留所では何種類もの商品が製造されていますが、ボトルやラベルのデザインがとても洒落ていますね。

 いいちこ商品は こちら

b0190445_1911232.jpg

b0190445_1912973.jpg

b0190445_1914482.jpg

b0190445_1915856.jpg

[PR]
普段は公開していない工場の内部を見学できました。
従業員さんから発酵工程の説明を受けながら、もろみの香りが広がる製造場内を見学します。

【仕込タンク】
本格焼酎の仕込みは一次と二次仕込みの二度に分けて行われます。
b0190445_19354677.jpg

タンクの中ではプクプクと泡を発し、複雑な発酵が続いています。
b0190445_19361349.jpg

【蒸留機】
蒸留は発酵を終えたもろみに熱を加えアルコールや香味成分を取り出します。
b0190445_19364385.jpg

【貯蔵・熟成】
原酒をタンクや樫樽で長期間寝かせ、香味をよりまろやかにします。
b0190445_19371664.jpg

b0190445_19373333.jpg

[PR]