<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年度限りで5機全て退役するANAのボーイング747ですが、B787の運航再開により、
いよいよ明日5月31日を以て、福岡空港の定期便から外れることになりました。
2階建て客室、4発機といった迫力ある機体のジャンボ。
(機材変更がない限り)福岡で見られなくなるのは寂しいですね。
b0190445_22491595.jpg

b0190445_22493022.jpg

b0190445_22494548.jpg

b0190445_3191033.jpg

[PR]
私の所有するレンズで、小さな野鳥を撮ろうとすると、AF(オートフォーカス)では狙い通り合焦しないため、MF(マニュアルフォーカス)で合わせています。
MFといっても、使用するレンズはフルタイムMFが可能ですから、シャッターボタン半押しのままピントリングの操作をします。

シャッターボタン半押しのまま、シャッターチャンスを待つのは疲れますし、
AF-Cモード(コンティニアスAF)では、被写体の前に枝などが入ると、AFはそれに合わせようとしますから、フォーカスを仕切り直さなければいけません。

飛び物を撮影する人や、プロカメラマンは、”親指AF” をするそうです。

[AF-ON]ボタン・・・通称 ”親指AF”
b0190445_14252656.jpg

理由は、AFとMFの切り替えが素早く楽にできるから。
・ボタンを押して合焦。
・合焦後ボタンから指を離せばフォーカスロックと同じ。
・ボタンを押さずにMF操作。(レンズまたはカメラ本体での AF/MF 切り替え操作が不要)
※ シャッターボタン ”半押しAF駆動をしない” に設定しておく。


カスタムメニュー(ニコン D700,D300の場合)
b0190445_14262247.jpg

b0190445_14263780.jpg

D700,D300は、カスタムメニューの設定を「A」「B」「C」「D」の4種類に記憶できます。
私は、次のようにカスタム設定をしています。
b0190445_142779.jpg

「A」は AF-Sモードがメインの場合。ほぼ初期設定
 (フォーカスポイントを頻繁に移動する場合や親指でAE-Lボタンを押す場合。)
「B」は 親指AF、AF-Cモードで飛び物用。
※ [AF-ON]ボタンを押してAF作動しても、VR(手ブレ補正)は作動しません。
(訂正追加)
”D4,D800”はAF-ONボタンで、”D600”はAE-L/AF-LボタンをAF-ONの割り当てた時にVRが作動します。 “親指AF”のVR作動対応の機種(カメラ)については、メーカー等でご確認ください。

b0190445_14273433.jpg

b0190445_14275858.jpg

b0190445_14282251.jpg

b0190445_14293871.jpg

b0190445_14295819.jpg

[PR]
調べ直したら、カルガモではなくマガモでした。m(__)m

マガモカルガモを見かけました。
近づいてみると・・・
親鳥の周りには数羽のヒナがいました。
b0190445_21271868.jpg

b0190445_21273578.jpg

撮影日の一週間ほど前に七羽生まれたそうです。今も全員元気でいました。
b0190445_21281464.jpg

波に揺られながらお母さんの後をついていくヒナたち。
b0190445_2128352.jpg

この後ヒナたちは、お母さんから離れまいと、一生懸命羽ばたいて水面をかけるように泳いで行きました。可愛かったなぁ。
b0190445_21293392.jpg

泳ぎの練習から戻ってきました。
b0190445_21295984.jpg

b0190445_21301473.jpg

[PR]
またまたピンボケでお恥ずかしいのですが (#^.^#)

数羽の群れの中に幼鳥がいました。
b0190445_22245338.jpg

b0190445_222574.jpg

b0190445_22252029.jpg

b0190445_22253227.jpg

[PR]
身近に撮れていた冬鳥がいなくなり、留鳥は森の中や高いところにいて、私が撮れる鳥は極めて少なくなりました。
そんな5月は鳥の繁殖期。
葉っぱが茂っていて見つけにくかったのですが、ヤマガラの幼鳥を撮ることができました。

b0190445_2193160.jpg

ヤマガラの幼鳥も黄色い嘴なんですね。
b0190445_2110594.jpg

b0190445_21105140.jpg

幼鳥のそばにいると、親鳥は警戒して子どものところにやってきませんから、少し離れたところから親子の様子を見ることに。
大きな声でさえずる子どものために、何度も何度も餌を捕りに行き来するお母さん(かな?)。本能とはいえ、子育てする様子にちょっと感動。
右の大きい方が幼鳥です。(ピンボケなのが残念です。)
b0190445_21111772.jpg

[PR]
スズメの親子
スズメが二、三羽ずつで飛んでいます。
ヒナは枝止まりしたまま、休むことなくさえずっています。
ヒナに近づき過ぎると、親スズメは警戒してヒナのもとに来ませんから、離れたところから親子の様子を見ることにしました。
b0190445_17234975.jpg

アオサギの飛翔(合成してみました。)
b0190445_17243192.jpg

久しぶりにキジの餌場兼隠れ場に行ってみると、雑草が刈り取られていました。
環境が変わったので山奥に行ってしまったのだろうと思い、元気でいるのを願いながら帰ろうとしたところ、近くで「ケーン」と大きな声がしました。
b0190445_1725201.jpg

ねぐらに帰るのでしょう。斜面の藪の中から出てきました。
b0190445_1725483.jpg

キジが飛ぶ姿を初めて見ました。(驚いて飛び出したのではありませんよ、念のため。)
b0190445_17265619.jpg

[PR]
ここに載せた野草の名前は間違っているかもしれません。
間違いにお気づきの方がいらっしゃいましたら、教えていただくと嬉しいです。

エビネ  緑色のエビネランが咲いていました。
b0190445_22194757.jpg

b0190445_22195879.jpg

ハクサンボク  福岡地方ではヤマテラシ(山照)と呼ぶそうです。
b0190445_2220246.jpg

ホオノキ
b0190445_22204549.jpg

シャガ 別名:コチョウバナ(胡蝶花)
b0190445_2221798.jpg

アメリカフウロ  ゲンノショウコの仲間  105mm×1.4テレコンで撮りました。
b0190445_22213120.jpg

シロツメクサ(クローバ)  四つ葉のクローバーで有名な野草  105mm×1.4テレコンで撮りました。
b0190445_22215329.jpg

イロハモミジ
b0190445_22222033.jpg

ヤマブキ
b0190445_2222434.jpg

ホウチャクソウ
b0190445_2223728.jpg

クサイチゴ
b0190445_22233242.jpg

[PR]
東側(志免・宇美方面)を望む
b0190445_0593553.jpg

飛行機撮影の定番スポット「アクシオン」を眼下に
b0190445_0595470.jpg

b0190445_101015.jpg

北側
博多湾を行き交うタンカーとジェットフォイル”ヴィーナス”、
海の中道の向こうは玄界灘、相島が見える
b0190445_103687.jpg

左から福岡タワー、ヒルトン福岡、ヤフオクドームなどが建ち並ぶ
b0190445_11126.jpg

[PR]