Nikonのデジカメでフォトライフを楽しんでいます


by kaz-bbphoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:平成筑豊鉄道( 21 )

へいちくで源じいの森へ

金田駅から源じいの森へ向かいます。

田川伊田駅を発つとすぐに鉄橋が現れます。
画面左側に香春岳が見えます。炭鉱節の山です。
b0190445_21164457.jpg

へいちく路線は緑のトンネルが多いのです。
b0190445_21181762.jpg

もうじき油須原駅
かつて石炭輸送で賑わった名残で上下ホームは大きく離れています。
b0190445_21241651.jpg

油須原駅舎
明治時代に作られた木造の駅舎です。
b0190445_21253528.jpg

鉄橋を渡ると源じいの森駅です。
反対側には橋梁の名前が書かれていましたが、記録取っていません。
b0190445_21273524.jpg

源じいの森駅
奥に見えるのが九州最古の鉄道トンネル「第2石坂トンネル」です。
私はここで下車しました。
b0190445_21290855.jpg

列車は次の駅に向けて第2トンネルに入っていきます。
b0190445_21440067.jpg

一日フリーきっぷで入湯料無料になる源じいの森温泉に浸かって帰りました。

[PR]
by kaz-bbphoto | 2018-05-06 20:12 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)
バックヤードツアーに参加しました。
参加条件は当日有効の「ちくまるキップ(1日乗り放題のフリー乗車券)」の提示または「へいちくグッズ」1000円以上の購入。
私は当金田駅にへいちくに乗って来たので、ちくまるキップを購入済み。
受付でバックヤード参加証と一緒に「ちくまる君シール」をいただきました。

給油場所・・・ディーゼル車なのでここで給油します。満タンで500リットルとのこと。
b0190445_14065276.jpg

作業工場の前で注意点などの説明を受けて
b0190445_14192000.jpg

工場の中へ
b0190445_14143308.jpg

b0190445_14231122.jpg

入庫中の411号 「ちくまるLINEスタンプ号」
b0190445_14282590.jpg

このほかにも洗車体験や指令室見学があり、1時間のツアーを終えました。

[PR]
by kaz-bbphoto | 2018-05-05 20:25 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)

春のへいちくまつり

春のへいちくまつりに行ってきました。

b0190445_23484157.jpg

まずは車両のデザインから。

501号 「へいちく浪漫号」
b0190445_23493909.jpg

車内は豪華なレトロ調
b0190445_23495735.jpg

「キハ2004」・・・営業車両ではありません。
へいちくのOBさんをはじめ鉄道ファンの皆さんが結成した「キハ2004を守る会」によって搬入された半世紀前の車両です。
b0190445_23502612.jpg

401号 「マクセル号」(前は「なのはな号」でした)
b0190445_23505659.jpg

410号 「つながる号」(前は「炭都物語号」でした)
b0190445_23512010.jpg


400型 「なのはな号」
b0190445_23514432.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2018-05-05 01:02 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)

平成筑豊鉄道「足跡」

およそ120年前の駅本屋
b0190445_3243785.jpg

b0190445_3245523.jpg

b0190445_3251711.jpg

b0190445_3253269.jpg

b0190445_326226.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2014-04-26 21:00 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)
平成筑豊鉄道の本社と車両基地がある駅です。


左端の白い車両は「旧型車両塗装」
b0190445_1133375.jpg

石炭の黒をベースに筑豊の風景を描いた「炭都物語号」
b0190445_114137.jpg

b0190445_1142528.jpg

「ゆめタウン号」
b0190445_1144563.jpg

レトロ調の「へいちく浪漫号」
b0190445_115323.jpg

b0190445_1152026.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2014-04-24 21:00 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)
JR九州の日田彦山線と、平成筑豊鉄道の伊田線、田川線の乗り入れ駅です。

三連山の香春岳(かわらだけ)を望む
手前から一ノ岳(石灰石の採掘で平らになった)、二ノ岳、三ノ岳。
炭坑節の「ひとやま ふたやま みやま越え♪」は香春岳を唄っています。
一ノ岳の左下に(緑に覆われた)ボタ山が見えます。
香春岳といえば、「青春の門」。 信介しゃん、牧 織江、塙 竜五郎・・・ 。
b0190445_18125223.jpg

炭坑節で有名な二本煙突と竪坑櫓をバックに
b0190445_18132257.jpg

b0190445_18134259.jpg

b0190445_18135949.jpg

鉄橋の先に旧日本セメント香春工場が見えます。
b0190445_18142257.jpg

ロケ地:田川線 勾金駅(まがりかねえき)-柿下温泉口駅間
b0190445_18144582.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2014-04-20 21:00 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)
1895年(明治28)開業時からの駅舎が使われています。

フジテレビ系 月9ドラマ、「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の撮影にも使われた駅です。
ボク役の速水もこみちさん、オカン役の倍賞美津子さんなどが訪れたそうです。
(私は観ていないのでストーリーは分からないのですが。)
駅舎内には「陶然庵」というお店がありました。
撮り忘れたものもあったので、次回訪ねるときにはお店を覗いてみようと思います。

ロケ地:田川線 油須原駅(福岡県田川郡赤村赤)

b0190445_032541.jpg

b0190445_034721.jpg

b0190445_04552.jpg

満開の八重桜が印象的でした。
b0190445_8332435.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2014-04-18 21:00 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)
1895年(明治28)に完成した九州最古の鉄道トンネルです。
平成筑豊鉄道田川線(初代は豊州鉄道)は、筑豊の石炭を運ぶため、将来の複線化を予測して建設されましたが、単線のままで使用され現在に至っています。
赤村にある「第二石坂トンネル」と「内田三連橋梁」は国の登録有形文化財です。

ロケ地:田川線 崎山駅-源じいの森駅間(福岡県田川郡赤村赤)

b0190445_17394278.jpg

b0190445_1740478.jpg

b0190445_17401884.jpg

トンネル口(西側)にある「第三今川橋梁」
b0190445_17404963.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2014-04-17 21:00 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)
1895年(明治28)竣工の煉瓦造三連アーチ橋。
地元では「みつあんきょ(三つ暗渠?)」と呼ばれています。
田川線のもともとは、豊州鉄道の石炭運搬用鉄道でした。
ここでは、”わらび・ぜんまい・つくし”を摘んできたという地元の方に出会いました。

ロケ地:田川線 赤駅-内田駅間(福岡県田川郡赤村内田) 

b0190445_1815767.jpg

b0190445_1821480.jpg

上流側は切石造り
b0190445_1824715.jpg

下流側は凹凸のある煉瓦積み
b0190445_1831452.jpg

崎山駅沿線の神社で出会った学生さんと、第二今川橋梁 → 源じいの森駅 → この地までやって来ました。
撮影後、赤駅で学生さんとはお別れ。
学生さん、知り合えたことを幸せに思います。ありがとうございました。
[PR]
by kaz-bbphoto | 2014-04-16 21:00 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)
今川にかかる全長130m、高さ19mの鉄橋で、1895年(明治28)に造られました。
当初はレンガ造の橋脚でしたが、のちに一部コンクリートに変更されました。

ロケ地:田川線 崎山駅-源じいの森駅間

b0190445_3554728.jpg

b0190445_3561265.jpg

[PR]
by kaz-bbphoto | 2014-04-15 21:00 | 平成筑豊鉄道 | Comments(0)